タンパク質

タウリン配合のキャットフードサプリメント

タウリンは、人にとってもその他の動物にとっても重要な役目を果たしている成分です。
人は体内でタウリンを合成できますが、合成ができない動物もいます。
その代表的な動物は猫ですが、合成するための酵素を全く持っていません。
タウリンが、体内に取り込まれると他の成分と合成されることはなく、遊離した状態で様々な組織に存在しています。

タウリンを合成できない猫は、魚や肉の内臓などを食べることによって、タウリンを補給しています。
この物質が欠乏すると、拡張型心筋症が生じたり、網膜機能が低下し、視覚障害を起します。
タウリンは、心臓、筋肉、肝臓、腎臓、肺、脳などに多く含まれていて、各臓器の細胞膜安定に作用します。
胆嚢から分泌される胆汁酸にグリシンやタウリンが結び付き、且つアミノ酸とも縮合し抱合胆汁酸となって、脂肪の分解吸収を促進したりします。
これだけ重要な成分ではありますが、この成分を含んでいるもの(魚介類)の中に、猫にとっては危険な物質も含まれていることがあります。
それは、猫に必要とされない酵素の1つでチアミナーゼといいます。
チアミナーゼは、加熱することによって消滅してしまいますから、生のまま与えなければ大丈夫ということになります。
魚などを生で食べることがありますので、これも要注意です。
猫に必要なタウリンの摂取量は、100mg/日程度が標準的な量ですが、摂取過多になっても、尿として排泄される量が多いので心配する必要はありません

野生界に生息する動物が、肉を食べずに臓器に群がる姿をテレビなどで見られたことと思いますが、食餌となる草食動物の臓器には肉食動物が持ち合わせていない、栄養素やタウリンなどが含まれているからです。
これらの成分を摂取するには利にかなった行動といえます。
猫も肉食動物ですから、タウリンが不足することもよくありますので、他の動物には明記されることのない成分をあえてキャットフードやサプリメントに明記していることが多いのです。